マリア サンタンジェロ 2.0 ってどうよ?


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20170724210034j:plain

今日は今季のセール品でゲットしたマリアサンタンジェロのプルオーバーシャツの紹介です。マリアサンタンジェロと言えばドレスシャツのイメージだったのでギャップに惹かれました。

 

 マリアサンタンジェロってどんなブランド?

購入したリタリオリブロさんからの引用です。

1953年イタリアはナポリ、マリア・サンタンジェロ女史により手創業されたカミチェリア。ナポリの伝統的な仕立てを守りつつ、ハンドメイドを駆使したシャツを作り続けています。イタリアだけでなく、その高い技術は世界でも高い評価を得ており、現在も30人程の少人数の工房でシャツを作り続けています。最高の素材、快適な着心地はもちろんのこと、襟やカフスなどの美しさは、マリア・サンタンジェロ女史の女性的美意識の賜物であると言え、このブランドの特徴にもなっています。

イタリアのシャツメーカーをカミチェリアって言います。

有名どころではルイジ・ボレッリ、バルバ、フィナモレあたりのナポリ勢と ボローニャ(だっけ?)のFRAY(フライ)が有名ですよね。

あとは、伝説と言われる「アンナ・マトッツォ」でしょうか。

でも、なんでカミチェリアって女性が多いんでしょうか?マリアサンタンジェロや、アンナマトッツォもそうだし。気のせいかな?

 

2.0って何よ?

f:id:magic_0147:20170724210025j:plain

手縫いの箇所が2箇所だから2.0だそうです。5.0とか10.0とかあるみたいですが当然値段はアップします。

 アンナ・マトッツォの総手縫いシャツなんか10万を超えるそうですね。

とはいえマシンメイドなら安いのかといえばフライは7万とかするので、こればかりは購入して着てみないとわかりませんね。

ちなみに斉藤さん。はお高いシャツには手を出しません。

理由は簡単で、高級シャツは手入れとアイロン掛けが必須だからです。靴磨きは好きですが、手洗いとかアイロン掛けは面倒くさい人間です。

 

話がそれましたが、2.0は手縫いが2箇所と書きましたが、実は場所がわかりません…。商品説明には袖とガゼットとあるんですが、このプルオーバーシャツはガゼットがないぞと。あれー。

あっ、袖は手縫いでした。

 

着こなし、サイズ感はこんな感じだ!

いつも通り、インスタグラムに投稿した写真です。

斉藤さん。は175cm、63kgで購入サイズはMです。

https://www.instagram.com/p/BVx5J2SlNl1/

マリアサンタンジェロのプルオーバーシャツ。やっぱりタックインした方がいいかな。#mensfashion #mensstyle #menslook #outfit #ootdmen #coordinate #自撮り #ファッション #メンズファッション #今日のコーデ

 

サイズ感としてはMサイズはちょっとオーバーサイズでした。

タックイン、腕まくりで着るのでそんなに問題はないんですが、タックアウトすると↓みたいになっちゃいます。

https://www.instagram.com/p/BVlE5yYF9BC/

マリアサンタンジェロのプルオーバーシャツ。裾が長いのでタックインするべきでした。今度タックインしたコーデを紹介します。#mensfashion #mensstyle #menslook #outfit #ootdmen #coordinate #自撮り #ファッション #メンズファッション #今日のコーデ

 

さすがに丈が長すぎですよね。

袖もかなり長いです。この辺がやっぱりインポートものだなーっと思いますが、これは仕方がないと諦めます。

 

購入価格が5,000円と格安だったので。

 

やっぱり値段って重要ですよね。これで2万してたら「やっちまった。」ってなりますが、5千円なら全然オッケーです。

素材がコットンということもあると思うんですが、品質から考えると圧倒的にコストパフォーマンスが良い。

がんがん洗濯機で洗えるし、色落ちもしないし。

洗濯したら乾く前にスチームアイロンでササっとすればオッケー。楽です。

 

しかもまだわかりませんが、とっても頑丈そうなんです。

かなり長く着られそうな予感です。

これでSサイズで購入できていれば最高でしたが、まぁそれはしょうがないってことで満足です。

しかし手縫いのもう1箇所はどこだろうか...。