一生モノ時計!ゼニス エル・プリメロ シノプシスを愛してる。


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20170728230801j:plain

今日は数年前に購入したゼニスのシノプシスを紹介します。

これは一生モノが確定している愛してやまない時計です。

※2017/10/20更新

 

ZENITH(ゼニス)ってどんなブランド?

時計と言えば、ロレックスとオメガが圧倒的な知名度だと思います。

ゼニスは時計好きなら確実に知ってるブランドですが、時計好き以外にはマイナーなブランドだと思います。

歴史は非常に古く、創業は1865年で150年を超える歴史があります。

ゼニスは非常に有名なムーブメント(時計の中身)があって、それが”エル・プリメロ”です。

ロレックスの有名な「デイトナ」のムーブメントだったこともあります。

1969年に誕生した古いムーブメントでありながら今なお一線級でありつづける非常に高精度なムーブメントです。

そんなゼニスですが、日本のセイコーが引き起こした”クオーツショック”の際には死に体にまで追い込まれました。機械式時計の製造を止め、クオーツ時計のみの製造に切り替える決定をするんですが、金型や道具を売却する際に工房の責任者だったシャルル・ベルモが”エル・プリメロ”の資料や道具を隠したことで後の復活に繋がります。

「マニュファクチュール」…ムーブメントの設計から製造に至る全ての工程自社で行う数少ないブランドとしてゼニスは評価を得ています。

 

シノプシスってどんな時計?

2013年?2014年?くらいに発表になったモデルで、クロノグラフ(ストップウォッチ機能)に使われる”エル・プリメロ”からクロノグラフ機能を取り払って3針用にしたムーブメントを載せたモデルです。

 

意味があるのか?

 

ロマンがあるだろ!クロノグラフ機能は使わないんだよ!

1秒間に10振動の高速ムーブメントなので精度は良いらしいけど、そんなことよりロマンが全てです。そもそも機械式時計はロマンですから。

機能性ならGPS時計とかを選びますよねー。

 

結構売れていたと思うんですが、2017年に生産終了宣言。

このときにゼニスの人気モデルがかなり生産終了になっています。

なんかゼニスってロレックスとかと違ってどんどん変えちゃうんですよね。

良いんだか悪いんだか...。

文字盤がシンプルなオープンモデルって貴重だったんですけどね。

 

シノプシスのどこを愛しているのか?

全てです。

高級時計って買うの結構悩むんですよ。

そりゃお金持ちは違うかもしれませんが、中間管理職リーマンで妻子もいれば普通は悩みます。

斉藤さん。も1年くらい悩みました。

候補になるものは多数あったんですが、決め手がないというか。

もともと20代のころに当時のゼニスのオープンモデルに一目ぼれしたんですが、デザインが変わって好みとちょっと異なる感じに。IWCのポルトギーゼなんかも好きで候補でしたね。

そんな中、シノプシスが発表になって写真ではイマイチだと思ったんで期待しないで見に行ったら、実物はドキッとするくらいカッコよかった。

写真写りが悪い美女のようでした。

 

やっぱり1本目ってことで文字盤は白が良かったんですよね。

時計裏がシースルーで文句なくカッコいいし。

f:id:magic_0147:20170728230756j:plain

時計を購入して後悔するのだけは避けたかったんです。

新しいのが発表されてあれが良かったとかは嫌ですよね。

そういう意味でも全く後悔していないし、ゼニスの新作を見てもやっぱりシノプシスで正解だったと思っています。

おそらく生涯悔いることはないし、愛し続ける1本です。

 

着用するとこんな感じ。

いつも通りインスタグラムからの転載です。
いかがでしょうか?サイズ感とか参考になれば幸いです。

https://www.instagram.com/p/BNDIbmPhAOR/

#zenith #mensfashion #mensstyle #menslook #outfit #ootdmen #coordinate #自撮り #followme #follow4follow #menswatch #時計

 

今回は以上です。ありがとうございました