雨の日のテンションが上がる!前原光榮商店の16本傘。


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20170807193511j:plain

雨の日ってだいたいの人は嫌いですよね。

斉藤さん。もちょっと前まではそうでしたが、2つのアイテムを手に入れたことで嫌いではなくなりました。

今回はそのうちの1つ、『前原光榮商店』の傘を紹介させていただきます。

 

 

前原光榮商店の傘って有名なの?

高級洋傘のブランドとして有名ではありますが、そもそも傘に興味がない人が日本人の大半だと思いますので、一般的な認知度はそんなに高くはないと思います。

創業昭和23年、昭和30年代になって皇室から御用を受けたことによって「皇室御用達」となった日本で最高峰の傘メーカーです。

中でも有名なのは16本傘で、開いた時の円形に近い美しいフォルムと面積の大きさ、畳んだときの佇まいとコンパクトさは素晴らしいの一言です。

斉藤さん。が購入したのもこの16本傘。

f:id:magic_0147:20170807193507j:plain

 

そもそもの購入動機は?なんで買ったのさ?

 アラサーからアラフォーにランクアップした斉藤さん。は今までのスタイルを見直すことにしました。それまではどちらかというとモード色の強い服装も多かったんですが、穴の開いたダメージジーンズとかちょっと苦しいかな、と思ったわけです。

その一環で今までビニール傘しか使ってこなかったけど、いい大人がそれでいいのか?いや、良くない!そもそもスーツや鞄に釣り合わない!

嫌いな雨の日にテンションの上がる傘が欲しい!

ってことでちゃんとした傘を探しましたが、「ちゃんとした傘」って難しいんですよ。色々見たけど素直にカッコいい、欲しいって思ったのが『前原光榮商店』と『フォックスアンブレラ』しかなかった。

悩んで最終的に『前原光榮商店』を選んだ理由は開いたときの美しさと、日本のモノ作りを信頼しているからです。

 

実際の使い勝手はどうなの?

これは非常に難しいところなんです。

いつもビニール傘を使用している人からすると「重い」です。600グラムくらいあるので結構な重さです。

あとはお値段が2万円を超える傘なので、コンビニとかで気軽に傘立てに置けない(コンビニ以外でも傘立てに置いたことない)

この2つが大きな欠点です。

 

んじゃ、傘としての本来の使い勝手は?というと、素晴らしい。

ざっと以下を思いつきました。

  • 雨を凌げる面積が大きい
  • 骨が16本あるので頑丈(結構風が強くても問題ない)
  • 畳むとビニール傘よりコンパクトになる
  • 人に褒められる

最後の人に褒められるもネタじゃなくて、実際に上司とか年配の方に褒められたりしました。

f:id:magic_0147:20170807193500j:plain

 

  結局のところ一生モノと言えるのかい?

 答えはYesです。

傘なのでいつかは失くしたり盗まれたりするかもしれませんが、そしたらまた購入するでしょう。

傘1本に2万円を超える価値があるかないかは人それぞれですが、斉藤さん。はあると断言します。

この傘1本で雨の日のテンションがあがり、

この傘1本で装いに上品さがプラスされ、

この傘1本で「ちゃんとした大人」に見られる。

これで2万円ちょっとならむしろ安いくらいです。

 

如何だったでしょうか?興味がある方の参考になれば幸いです。

f:id:magic_0147:20170807193504j:plain

 

あっ、上の写真の右で見切れているのはドラえもんです。 

maehara/前原 TRAD-16 トラッド (ブラック) 16本骨 長傘

maehara/前原 TRAD-16 トラッド (ブラック) 16本骨 長傘