BULOVA(ブローバ)のアンティーク時計!アンティーク時計のススメ。


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20170918094059j:plain

今回はアンティーク(ビンテージ)ウォッチについてです。古くて壊れそう、汚そう、動かなそう、とか思っている方もいるかもしれませんが、これが本当におススメなんです。

 

 

アンティーク(ビンテージ)ウォッチって?

「日本アンティーク時計協会」なるものがあるのですが、そちらでは50年以上前の時計をアンティーク時計と定義しているようです。

これが結構難しくて一般的に「アンティーク」という言葉は100年以上前のものに使われるんです。そうすると腕時計にアンティークって言葉はあんまり該当しないんですよね。腕時計が世界的に普及されるようになったのは第一次世界大戦からでそれまでは懐中時計がほとんどでした。有名な話ですが戦場でポケットから時計を取り出して確認するというのが煩わしいというか危険なわけです。なのですぐに確認できる腕時計が普及したとのことです。

少々長くなりましたがそんなわけで正確には「ビンテージ」が正しいようにも思えますが、日本では「アンティーク」時計が一般的です。ちなみに海外だと「ビンテージ」時計が一般的です。

 

BULOVA(ブローバ)ってどんなブランド?

f:id:magic_0147:20170918101010j:plain

 

宝石商だったブローバが1875年立ち上げたブランドですが、時計専門店としてではなく宝石店だったようです。いつから時計分野に進出したのかはわかりませんが、20世紀のアメリカを代表する腕時計メーカーの1つにまで成長しました。有名なエピソードは1960年発表の電池式腕時計「アキュトロン」にまつわるもので、初めて月で使われた腕時計が「オメガスピードマスター」だったのは有名なところですが、腕時計以外の機器・機内の時計には、「アキュトロン」が採用されたということです。

この「アキュトロン」は月差1分以内という当時最高の精度を誇った製品で、当時のブローバがいかに優れた時計メーカーだったのかが伺えますよね。

 

そんなブローバも凋落します。それも日本のせいで。日本のセイコーが生み出した世界初の市販クォーツ腕時計「アストロン」が引き起こしたクオーツショックにより競争に敗れて凋落したわけです。これはブローバだけでなく当時一流ブランドのほとんどが大打撃を受けています。それくらい凄い製品だったんですこの「アストロン」は。だって「アキュトロン」は月差1分以内で最高峰の精度だったのに「アストロンは」月差3秒以内ですよ?勝負にならないわけです。

すいません、長くなりましたがそんな感じです。

 

アンティーク時計は何がおススメなのか!?

f:id:magic_0147:20170918102955j:plain

 

アンティーク時計をおススメするのはいくつか理由があります。

1. 秀逸なデザインと小ぶりなサイズ

デザインの好き好きは人それぞれではありますが、現代の時計にはない雰囲気の時計が非常に多いです。写真のブローバは1940年くらいのアールデコ調の時計ですが、こんな雰囲気の時計は現代ではなかなか無いですよね。サイズも文字盤だけなら20mmくらいかな?今だと40mmくらいが普通なのでだいたい半分くらいの大きさです。

 

2. 数十年にも及ぶ歴史

アンティーク時計は過去数十年に渡って大切にされてきたから今も動いています。どこの誰が使っていたかはわかりませんが、何度もオーバーホールされ壊れずに生き残った時計です。作られたときには同じ時計が大量にあっても数十年の時を経た今ではオンリーワンです。秒針や文字盤の状態、ムーブメントの状態、どれ一つとっても同じものはないんです。アンティーク時計との出会いは正に一期一会です。

 

3. 購入し易い価格

こちらのブローバの時計は6~7万円くらいでした。現代の高級時計は安くても20万円とかしますからかなり低価格だと思います。アンティーク時計でも高いものはたくさんありますが、それは今でも変わらず世界最高峰の時計ブランドのものですね。例えばパテックフィリップ、ロレックスとか。

ロレックスとブローバ、当時はどっちが上っていえないくらいの関係です。当時作られている時計のレベルはあまり変わらない、でもロレックスの方が圧倒的に高い。それは今のロレックスのネームバリューに引っ張られるからなんですよね。世界一有名な時計ブランドのロレックスと今ではシチズンに買収されたブローバ、この現代の格差で値段が決まっています。

逆に言えば当時最高峰の時計を作っていて凋落したブランドの時計は狙い目ってことですね。

 

4. あまり壊れないしオーバーホールも結構できる

現代の時計と比較したら壊れやすいかもしれませんが、普通に使っている分には壊れないですね。オーバーホールも数十年前の時計の割にできちゃう。

なんでかっていうと、たぶん構造がシンプルだからなんだと思います。今の複雑時計のような機能もないので。

 

アンティーク時計のイマイチなところ

f:id:magic_0147:20170918110744j:plain

 

個人的にはあんまり無いんですが…

  • 日差2分、3分は当たり前に遅れます
  • 毎日ゼンマイ巻くぞ
  • 水に弱い、防水性能皆無

こんなところですかねー。

毎日手巻きでゼンマイ巻くんですが1日あたり2分とか3分は遅れてたりします。ただ、通常生活していて困ることはないと思います。個体差があるので1分くらいの時計もありますが、気にしたら負けです。だって数十年も前の時計ですもの。

あとは水に弱いところか。これも時計付けて風呂入るわけじゃないので困らないと思います。強いて言うなら梅雨時期はあんまり使わないかな。傘があればそんなに問題はないと思いますが。

 

こんなところですかね。

如何だったでしょうか?興味がある方の参考になれば幸いです。