父から子へ…OMEGA(オメガ)スピードマスター!


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20171020204611j:plain

今回は父が定年して放置されていた「オメガ スピードマスター」をかっぱらってきた譲り受けたのでご紹介します。この時計は子供が就職したら譲り渡す予定です(って言ったら父が喜んで斉藤さん。にくれました)。

 

 

OMEGA(オメガ)ってどんなブランド?

世界的に有名なスイスの高級腕時計メーカーで、現在はスウォッチ・グループに所属しています。日本でも非常に有名でその知名度はロレックスと双璧といっていいほど。

映画「007」でジョームズ・ボンドが着用した「シーマスター」

1969年に月面に降り立った最初の時計となった「スピードマスター」

この2つのモデルは特に有名です。 

 

スピードマスターをもう少し掘り下げてみる。

スピードマスターは「クロノグラフ」機能を搭載したモデルとなっています。クロノグラムは所謂ストップウォッチなんですが、まー使わない。

必要性は皆無な機能なんですがロマンがあるんですよ。以下のゼニスの記事でも述べましたが機械式時計ってのはロマンなんです。だってクオーツ時計の方が安くて優秀なんですから。

www.1978.tokyo

 

例えば以下はWikiからの転載ですがロマンがありますでしょう?

1970年アポロ13号が月に向かう途中で酸素タンクが爆発するという大事故に遭遇し航法用コンピュータが使用不能になったが「スピードマスター」を用いてロケット噴射時間の制御を行い全員無事生還を果たしたことでさらなる信頼を得た。

名作映画「アポロ13」にもこのシーンありますよね。時計は映ってなかったような気がしますが。

噴射時間をクロノグラフ機能を使って計ったという話なんですが、一般人の斉藤さん。はカップラーメンの時間を計るくらいしか使い道がありません。

f:id:magic_0147:20171020204605j:plain

 

父から子へ、受け継ぐ思いと歴史

まぁ斉藤家の場合、そんなものはないのですが(笑)

それでも父親が10数年使用していた時計ですから大切に使用して、父が愛してやまない孫である息子に「ちゃんと」譲りたいと思います。こうして長年大事にしていくことである種の家宝のようなものになるのかもしれませんね。

オメガは永久保証(修理)を謳っているブランドではないため、いつかは部品が無くなって修理が出来なくなる日が来るかもしれません。でもその日まではずっと大切にして欲しいなぁと思います。まぁ定番モデルである「スピードマスター」は斉藤さん。自身が死ぬくらいは余裕で持つでしょうけど。

 

オーバーホールっていくらぐらい?

父から譲り受けたスピードマスターですが雑に扱われ、オーバーホールを一度もしていないとのことだったので即日オーバーホールに出しました。

ネットで調べた結果、正規修理は高い上に評判もそこまで良くなかったので地元にある「時計の病院」というところでオーバーホールをお願いしました。

 

結果は約75,000円

 

イタタタタ…財布が。

10数年オーバーホールせずに普通に動いていたオメガですがさすがに少々傷んでいたようです。

あとはクロノグラフが付いているのでどうしても高くなるんですよねー。 購入価格は「シーマスター」の方が高いんですが、オーバーホールはクロノグラフがあるために「スピードマスター」の方が高いんですよね。

ちなみにこのスピードマスターですが、当時15万円もしなかったように記憶しています。それがオーバーホールで75,000円ですからなかなかですよね。まぁ当時はロレックスのエクスプローラーも30万くらいだったように思うので最近の値段の上がりっぷりったら酷いものです。

 

着用するとこんな感じ。

いつも通りインスタグラムからの転載です。

いかがでしょうか?サイズ感とか参考になれば幸いです。

https://www.instagram.com/p/BOS_v-Shnzq/

#omegaspeedmaster #omega #mensfashion #mensstyle #menslook #outfit #ootdmen #coordinate #自撮り #followme #follow4follow #ファッション #メンズファッション #今日のコーデ #相互フォロー #フォロバ #時計 #オメガ

 

今回は以上です。ありがとうございました。