NIKE AIR JORDAN 6 を愛しています!第1回 CARMINE (カーマイン)


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20171106224710j:plain

今回紹介する「NIKE AIR JORDAN 6」は愛してやまないスニーカーです。

普段トラッド寄りの服装が多いのですが、カジュアルが嫌いということではありません。ただ、カジュアルな服装でカッコいいオッサンって難しいんですよね。

 

 

説明不要のエア・ジョーダン!

だいたいいつもは説明から入るんですが、ジョーダンシリーズは知名度がありすぎるので不要ですよね。スニーカーブームの立役者とも言うべきスニーカーで「エア・ジョーダン5」ではあまりの欲しさに殺人事件まで起きた伝説のシリーズです。

今回紹介する「エア・ジョーダン6」は元々1991年に発売されたモデルですが、人気があるため「レトロ」という名前でたびたび再版されています。紹介するものも「レトロ」です。

ちなみに1990-91年シーズンにジョーダンが初優勝したときに履いていたシューズでもあります。

 

ジョーダン6が好きなのは思い出補正もある。

斉藤さん。は元々小学生からミニバスをしていて、中学でバスケ部に入部したんですが、中学1年のときに発売されたのが「エア・ジョーダン6」です。

一目惚れだったんですが当時1年生は革のバッシュは禁止!ってルールがあったので履けない、部活で使えないので買ってもらえない、小遣いで買える値段でもない!ってことで手に入れられませんでした。中学2年生で革のバッシュが解禁される頃にはジョーダン7が発売されて、ジョーダン6は手に入らない状況になっていたので泣く泣く諦めたことを覚えています。

そう、覚えているから大人になって買っちゃうんです。

 

履かないのに!

 

もうあれです。絵画とかと同じなんですよ。見るだけで癒されるんです。

ちなみに1年生の頃に履かされたのは「コンバース オールスター」でした。これも今見ると悪くないんですが当時は大嫌いでした。もう嫌で嫌で仲間と2年になったら何のバッシュを履くかで盛り上がりました。

そういえばもうバッシュって言わないのかな?全部スニーカー?

 

エア・ジョーダン6 カーマインはコチラf:id:magic_0147:20171107205742j:plain

 

ジョーダン6で一番人気があると言われているのがこのカーマイン。レトロでも発売して即完売。プレミア価格が確定ってスニーカーです。

斉藤さん。も購入競争に敗れて結局イーベイで購入しました。箱の右に入っている紙はレシートで「ちゃんと店舗で購入した本物」って証拠です。ジョーダンシリーズは人気があるため偽物も多く出回っているのでレシートとかを証拠にするようです。

 

f:id:magic_0147:20171107210235j:plain

 

正面から見るとこんな感じ。何と言いますか「可愛さとカッコ良さ」が同居したような感じがしませんか?

 

f:id:magic_0147:20171107210519j:plain

 

横から見るとこんな感じ。シューズの紐を結ぶところにある赤いのは「シューレースストッパー」で当時はこれにも憧れましたねー。ちゃんとアイコンのジャンプマンが書かれているんです。

 

f:id:magic_0147:20171107211134j:plain

 

後ろから見るとこんな感じ。踵がジャンプマンのマークがありますが、これは再販のレトロだからですね。1991年のモデルはナイキのロゴだったはずです。

 

今回紹介したのは2014年に復刻されたものです。イーベイで手に入れたのも3年前。その前の復刻が2008年でした。そして3度目となる 2017/12/16 に再販されます。

ただし、ちょっと違う色となっていて赤とオレンジを混ぜたような色になっています。これはこれでカッコいいので斉藤さん。は狙いに行きます。

そういえばジョーダン6は「スラムダンク」で桜木花道が最初に履いたバッシュでもあります。そっちも今度紹介しますね。

 

今回は以上です。ありがとうございました。

 

蛇足なので興味がある方はどうぞ。

1991年当時は日本ではバスケブームになっていました。1990年くらいから始まった漫画「スラムダンク」や「DEAR BOYS」が既に大人気となっていましたし、1992年のバルセロナ五輪で初めて現役NBA選手が出場することになって話題になっていた頃です。

何より当時の斉藤さん。にとって衝撃だったのはは1990-91年シーズンのファイナルで敗れたマジック・ジョンソンがHIVウイルスに感染して引退というニュース。

ジョーダンではなく、マジックこそが斉藤さん。のヒーローでした。

マジック・ジョンソンとラリーバードがトップだったNBAに、マイケルジョーダンが世代交代を迫るという図式の中で初めて1990-91年シーズンにジョーダンが下克上に成功したわけです。

今後はどうなるのか、マジックやバードが巻き返すのか、それともジョーダンが連覇して世代交代を決定付けるのか、とか思っていた矢先のことでした。

ニュースを見て呆然としたことは何回かありますが、これも間違いなくその1つで当時のショックは死ぬまで忘れないでしょう。

 

色々語りだすと止まらないのでこの辺にしますが、1992年のバルセロナ五輪にマジックは出場します。当時のドリームチームは圧倒的で面白くてとにかく華があって、あの時見れて本当に良かったなって思います。

1992年のバルセロナ五輪を記念して選手ごとにオリンピックモデルのスニーカーが発表されて大人気だったんですが、マジックのシューズは…

 

すげーダサくて

 

購入見送り余裕でした。

 

以上、蛇足でした。