1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

アラフォーのオッサンが自分のスタイルを探し続けるブログ。

UNIQLOのスーパーノンアイロンシャツの実力は!?洗ってみた!


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20180206212030j:plain

今回は『ファインクロススーパーノンアイロンシャツ』のノンアイロン性能を検証しました。興味がある方はご覧ください。

 

 

シャツのサイズ感やレビューはコチラ。

シャツに興味がある方は先にコチラの記事をご覧ください。

www.1978.tokyo

 

【1回目】選択後&乾燥後の比較はコチラ。

全ての写真で左が洗濯後、右が乾燥後となっています。

以下の写真は皺が多いところを撮ったもので、他はあんまり皺になっていなかったと思っていただいて大丈夫です。

あっ、シャツが青っぽく見えたらバスタオルを一緒に洗ったせいなので気にしないでください。

f:id:magic_0147:20180207224129j:plain

 

肩の皺がだいぶ取れました。

 

f:id:magic_0147:20180207224257j:plain

 

前身ごろの皺もだいぶ取れました。

 

f:id:magic_0147:20180207224515j:plain

 

ポケットの皺は取れましたがまだ残っています。

ただ、この皺は着用すると伸びて目立たなくなるはずです。

 

f:id:magic_0147:20180207224557j:plain

 

ポケット下の皺もだいぶ取れました。

 

総じて良い感じに皺が取れていますが、細かい皺はそれなりに残ったような状態で乾きました。

ただ、ブルックスブラザーズのシャツと同じであれば、細かい皺は着用すると体温で伸びてアイロンされたような見た目になるのでそんなに気にしなくてもいいかと思います。

 

ブルックスブラザーズと比較するとどうだ?

ブルックスブラザーズのシャツは10枚ほど所有していますが、平均するとブルックスブラザーズの方が乾燥後の皺は伸びているように感じました。

ただ、シャツによるというのが正直なところで、UNIQLOの方が皺の伸びが良いというものもあります。

10枚中7枚くらいはブルックスブラザーズの方が性能が良いように感じますが、約3,000円という価格を考えるとこのノンアイロン性能は素晴らしいのではないでしょうか。

 

まとめ。

いかがだったでしょうか。

今回はノンアイロン性能について検証してみました。

ぶっちゃけノンアイロン性能としては問題ないと思いますのでアイロンが嫌い、奥様にアイロンをお願いするのは気が引ける、という方にはおススメです。

ただ、今回は洗濯後にあまり皺がなかったということもあるので、もうちょっと検証しようと思います。その場合はこちらの記事に追加していきます。

 

レビュー編で「レギュラーフィットはもう買わない」という結論を述べていますし、もう買いませんがシャツのポテンシャルは高いので今後に期待したいと思っています。

生地も良いし、ノンアイロン性能もかなり高いのであとはサイジングやデザインに力をいれてくれれば最高にコスパの良いシャツが誕生すると感じました。

 

今回は以上です。ありがとうございました。