1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

アラフォーのオッサンが自分のスタイルを探し続けるブログ。

SEKItoWA(セキトワ)のスウェットカーゴパンツをレビュー!


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20180211085536j:plain

今回はSEKItoWA(セキトワ)のスウェットカーゴパンツのご紹介。定価6万円と高額スウェットカーゴパンツの実力はいかに!?

 

 

SEKItoWA(セキトワ)ってどんなブランド?

だいたい2年ほど前から三越伊勢丹が展開するジャパンプレミアムブランドです。

セキトワ(=積と和)の由来は、「セキ(積、掛け算の答え)」、と「ワ(和、足し算の答え)」とのことで、日本伝統の業と美を受け継ぎ発展させていくモノ作りというのをコンセプトにしたブランドです。

2ほど前に「おお、こりゃカッコいい」となったブランドですが、価格が高すぎて手も足も出なかったブランドでもあります。

先日有名な Mの物欲日記 で紹介されていたので慌てて購入したという経緯です。

定価6万円⇒15,120円(税込)と破格のお値段でした。

 

SEKItoWA(セキトワ)のスウェットカーゴパンツ紹介はコチラ。

f:id:magic_0147:20180211091342j:plain

 

カラーはブラック、ライトグレー、ブルーがありましたがグレーをチョイス。

はじめは何も考えずにブラックを購入しようとしたんですが、所有しているトラウザーズは暗めが多いのもあってライトグレーにチャレンジしました。

 

f:id:magic_0147:20180211091630j:plain

 

カーゴパンツの特徴であるサイドポケットはこんな感じ。

生地が非常に柔らかいので重いものを入れるのは難しそう。

財布とかカードとかそれくらいならいけそうですが、事実上あまり使用を前提に作られていないっぽいですね。

 

f:id:magic_0147:20180211091856j:plain

 

カーゴパンツを今まで購入したことがなかったのはあのダボっとした雰囲気が嫌いだったからなんですが、セキトワのカーゴパンツは細身でスタイリッシュな感じ。

カーゴパンツといえば貨物船の船員が履いていた作業用パンツということで、耐久性に優れた素材が使われることが多いんですが、セキトワのカーゴパンツは真逆でドレッシーな方に寄せています。

 

f:id:magic_0147:20180211092206j:plain

 

写真だと光沢感がわかりにくいですが、実物はかなり光沢感があります。

使用している素材がシルク55%とコットン45%ということでシルクの光沢感が感じられる素材感です。この光沢を上品と感じるか下品に感じるかは人それぞれだと思いますが、斉藤さん。は好きですね。

定価6万円ということで素材も一級品が使用されていると思われますが、非常に柔らかく滑らかな肌触りで履いていて気持ちがいいです。

 

まとめ。

いかがだったでしょうか。

カーゴパンツの購入は人生初ですので他ブランドとの比較はできませんが、素材感やシルエットには大満足しています。

素材的には春夏のアイテムだと思うのでこれからの季節に活躍してくれそうです。

特に旅行で活躍してくれそうなイメージが沸いたことで購入しました。車を運転して行くのも飛行機に乗るのもリラックスできそうなこちらのトラウザーズは活躍してくれそうです。上質な雰囲気なのでそんなに違和感はないかなと。

今度着こなしをやりますので興味がある方は楽しみにしていてください。

 

今回は以上です。ありがとうございました。