1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

アラフォーのオッサンが自分のスタイルを探し続けるブログ。

麻布テーラーで礼服「AZABU BLACKS」を注文してきた@前編


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20180503094934j:plain

今回は先日から言っていた麻布テーラーで礼服「AZABU BLACKS」を注文してきたのでレポートします。レポートは前編・後編でお送りする予定です。

 

 

麻布テーラーの過去記事はコチラ。

 

興味がある方はご覧ください。 

www.1978.tokyo

 

www.1978.tokyo

 

www.1978.tokyo

 

まずは生地選びです!

f:id:magic_0147:20180503095839j:plain

 

まずはというかオーダーの最大のポイントとなる生地選びです。

といっても略礼服(以降は礼服)ということでブラック1択。

そして今回は予算も6万円と決めているので生地もかなり制限されてしまいます。

正直、いろいろ生地を見ていると6万円と決めた決心が揺らぐ部分もあったんですが、冷静に考えて礼服なんて1年に1回くらいしか着ないものにそんなにお金はかけられない!ってことで初志貫徹しました。

ただ、ブラックと一言でいっても違いがあって並べてみると黒の深度、光沢が全然違うんです。

傾向としてはウール100%のような天然素材の生地の方が自然な光沢があって、光沢のないマットな生地はアクリルとの混合生地でした。これはより黒くする、よりマットにするために混合生地にしているようでした。

一通り見て斉藤さん。が選んだのはコチラの生地。

 

f:id:magic_0147:20180503101147j:plain

 

黒い生地を写真に撮るのは異常に難しい。

ウール100%の中で光沢が少なく、オールシーズン着用できるように目付300gをチョイスしました。

こちらの生地は中国製とのことで 49,000円 でした。

 

礼服のディティールはコチラ。

続いてスーツのディティールを決めていくんですが、これは礼服ということでなるべくフォーマルな形を選ぼうと思っていたのですが「略礼服」にはそんなに決まりってないんですね。

例えばベントは「なし」がフォーマルですが、それはタキシードなどの「礼服」で「略礼服」では何でもいいそうです。

  • シングルジャケットで2ボタン
  • 袖口は4つボタンではなくて3つボタン(4が死で縁起を考えて)
  • ベントはセンターベント
  • 水牛ボタン(別途3,500円)
  • 裏地はキュプラ(別途2,500円)
  • トラウザーズの裾はシングル

だいたいこんな感じです。

予算の都合で3ピースはやめました。水牛ボタンとキュプラはどうしても予算に乗っかってきてしまうので、これで消費税を入れるとだいたい6万円です。

 

まとめ。

いかがだったでしょうか。
麻布テーラーで仕立てるのはこれで3回目ということもあって、非常にスムーズに進みました。生地選びから終わりまで30分かかったかな?くらいです。
ただ、やっぱり趣味のスーツを仕立てるのは楽しいのですが、礼服だと義務感みたいなものが大半なので楽しさ半減ですね。
これは仕方がないのですが。
40歳にもなるとどうしても必要なタイミングが出てくるので、義務感ではありますが納得のいくものが欲しかったんです。
また、出来上がってきたらレビューしたいと思います。
「AZABU BLACKS」では最安 37,000円 から例服をオーダーできるので興味がある方は行ってみはいかがでしょうか。
 
今回は以上です。ありがとうございました。