1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

アラフォーのオッサンが自分のスタイルを探し続けるブログ。

【2019年春夏】欲しかったアイテムを諦めましたというお話し。

f:id:magic_0147:20170928002129j:plain

今回は割とどうでもいいお話しなので興味がない方はスルーしてください。

2019年春夏に狙っていたアイテムといえば「サファリジャケット」なんですが、今年は見送ることになりました。何故欲しかったものを見送るのか?

 

 

サファリジャケットが欲しかったんです‥

春先にこんな記事を書きました。

割と真面目に欲しいアイテムだったのがサファリジャケット。今期こそはと思って探したんですが、、残念な結果になりました。

www.1978.tokyo

 

欲しいものを諦めた3つの理由。

多くの人にとって欲しいものを全て手に入れるというのは難しいですよね。でも諦めるのってそれなりに理由があるものです。

今回は年間被服費150~200万のオッサンが1つのアイテムを諦めた理由を紹介します。

デザイン的な問題。

f:id:magic_0147:20190328225718j:plain

 

今まで見たサファリジャケットの中で最高にカッコいいと思ったのが、リングヂャケットナポリのもの。上の画像の右から2つ目。

特に胸ポケットの形は秀逸で、ディティール的には完璧なんですが、生地がベストではなかった。こちらのジャケットはリネンでとても良いのですが、個人的にはシアサッカーが良かったんです。

リネンは大好きなんですが、サファリジャケットのようなカジュアルな物であればシアサッカーが良かったんですよ。

普通のジャケットであればリネンなんですけどね。

 

お金の問題。

年間被服費に150~200万といっても無尽蔵ではありません。他にワードローブに加えたいものもありますし、一定の予算はございます。

サファリジャケットであればMAX7万円を想定しておりました。

例えば上で紹介したリングヂャケットナポリのものは20万円超という価格。トリプルスコアでオーバーですよ。

それではリングヂャケットナポリのサファリジャケットが7万円だったら購入したか?

Yesです。

生地がシアサッカーではないとは言え、リネンは次点ともいえる生地なのでディティールの良さも相まって確実に購入していたでしょう。

お金の問題はとても重要で、セールになると調子に乗って購入して後で「これいらなかったな」ってなることもありますよね。

そうならないためには最初からある程度予算を決めておくといいです。

 

使用頻度の問題。

今回購入を検討していた「サファリジャケット」の使用頻度ってどれくらいでしょうか?

ビジネス使用は難しいので、土日の着用が基本となるでしょう。でも毎週着るかと言われればそうでもない。

いろいろ考えた結果、月に1~2回ではないか、というのが結論でした。

ベーシックなスーツ、ジャケットであれば30万、40万出すこともありますが、変化球にそんな金額は出せないんですね。

とはいえ、こだわりたいのは変わらないので、どうしても見つからないんですよ。

いろいろ探しているんですが、条件を満たしているのは以下のものだけ。ただ、これもポケットの形が気に入らないんですよねぇ。

妥協するべきか検討していますが、、うーん。

 

まとめ。

いかがだったでしょうか。

今回は購入を検討していた「サファリジャケット」を諦めましたというお話しでした。なかなか全て思い通りに購入できるわけではないですよね。

本当に思い通りのものが欲しければオーダーするしかないんですよね。そしてそうするとお高くなりがちという。

まぁ今年購入しなかったからといって、未来永劫諦めるというわけではなく、また

来年探すんですけどね。

なかなか三拍子揃ったアイテムは見つからないですね。

皆様は今季良い買い物が出来ましたでしょうか?良かったものがあればコメント欄から教えて下さいね。

 

今回は以上です。ありがとうございました。