1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

アラフォーのオッサンが自分のスタイルを探し続けるブログ。

ユニクロのAIRism(エアリズム)がSEEKに勝るたった1つのこと。


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20180214113856j:plain

更新頻度が下がってしまって申し訳ない。風邪を引いて寝込んでおります。

さて、今回はアンダーウェアについてですがちょっと興味深いものをお見せできるかと思います。

 

 

アンダーウェアはSEEKが最高である。

過去記事でも書いていますがSEEKが最高である、という結論は変わりません。

www.1978.tokyo

 

最高のアンダーウェアSEEKにエアリズムが勝るポイントは?

SEEKが発売されてから多くのパクリ商品(アンダーウェア)が発売されています。その中でもユニクロのエアリズムはただのパクリとは言えない独自性があります。

大きく異なるのは肌ざわり。エアリズムの説明にある「すべるような心地よい肌ざわり」とある通りスルっとした肌ざわりが気持ちいいです。

SEEKのピタッとしていながらも着ていることを感じさせない肌ざわりも良いですが、エアリズムの独特の肌ざわりも甲乙つけがたいものがあります。

BODY WILDが販売しているものはSEEKの完全下位互換ですが、エアリズムはSEEKより好きな人がいてもおかしくはないなというのが感想です。

 

さて、本題であるエアリズムがSEEKに勝るポイントに入りましょう。

それぞれ購入して1年以上経過したものとして見て下さい。

・BODY WILD

f:id:magic_0147:20180214122417j:plain

 

・SEEK

f:id:magic_0147:20180214122504j:plain

 

・エアリズム

f:id:magic_0147:20180214122542j:plain

 

それぞれ比較用に同時期に購入したものです。

BODY WILDは毛玉が酷いことになってますよね。

SEEKもBODY WILDと比較すると全然マシなんですがちょっとだけ毛玉が出来てきています。

それに比べるとエアリズムはほとんど変化していません。

衣類として長時間使える=耐久性としてはエアリズムが一番というのが結論です。(毛玉だらけでも着用はできますが恥ずかしいですよね)

SEEKよりも安くSEEKよりも高い耐久性。

一度も購入したことがない方は検討してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ。

いかがだったでしょうか。

今回はアンダーウェアについてでした。今でもSEEKが最高なんですが、ユニクロのエアリズムはかなり優秀です。

ひんやりしたり、SEEKほどピタッとフィットではないので好き嫌いはあるかもしれませんが、好きな人にはSEEKよりも良いと感じるのではないでしょうか。

耐久性がSEEKより高いにもかかわらずお値段も SEEK 2800円、エアリズム 1500円 と倍近いコスパ。

ちなみにBODY WILDは完全下位互換なのでおススメしません。値段も大して変わらないので、だったらエアリズムの方がおススメですよと。

斉藤さん。のおススメ度は

SEEK > エアリズム >>>> BODY WILD

こんな感じです。SEEKのおススメ理由は過去記事をご覧ください。

 

今回は以上です。ありがとうございました。