1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

アラフォーのオッサンが自分のスタイルを探し続けるブログ。

オーダーは難しい!?麻布テーラーで仕立てた感想。

f:id:magic_0147:20170916121656j:plain

今までにスーツのパターン(イージー)オーダー、シャツのオーダー、靴のビスポークといろいろと「オーダー」と言われるものをしてきましたが、今回は麻布テーラーでのスーツのパターンオーダーについて語っていきます。

 

 

パターン(イージー)オーダースーツって何?

お客の体型に一番近い型紙から選んでから体に合わせて細かい調整をして仕立てるスーツで、縫製工場にてマシンメイドで作られます。

お客はシルエット、生地、オプションを自由に選ぶことが出来るので自分好みのスーツを仕立てることができます。既製服よりも体に合うスーツを得やすい&ビスポーク(フルオーダー)よりも安いのがウリです。

パターンオーダーとイージーオーダーで意味は違うようですが結果に大した違いはないです。麻布テーラーのQAには「パターンオーダーだけどイージーオーダーとほとんど変わりない」と書いています。

 

麻布テーラーって?

パターン(イージー)オーダースーツ・シャツの専門店で1999年に開業したブランドです。リーズナブルな生地から高級な生地まで幅広く取り扱い、オプションの種類も豊富。37,000円から仕立てることができ、若者からオジサンまで幅広い層のお客に支持されています。

以下、公式からの引用です。

麻布テーラーは、頑張るビジネスマン、またプロフェッショナルの方々にベストな一着をお届けする事を信条とします。その為に“伝統とは革新の継続により形成される”また“変化に対応するもののみが生き残ることができる”これらのことを肝に銘じ、お客様にとって素晴らしく価値ある一着をお届けする為全力を尽くします

 

既成じゃダメなの?オーダーがいいの?

正直なところ、体に合う既成があればそれがベストです。同じ素材、仕立てなら既成の方が安いんです。ビスポークはしたことないのでわかりませんが、パターン(イージー)オーダーくらいなら体に合う既成と差はないですね。

いろいろなお店で試着して体に合うスーツを探すのが一番おススメだったりします。

 

じゃあなんでオーダーしたんだよ!

はい。そう思われますよね。理由は簡単で、既成では欲しいスーツがなかったんです。斉藤さん。はこれまで麻布テーラーで2回仕立てました。

1回目:ハリスツイードのスーツ(秋冬)

2回目:リネン100%のスーツ(春夏)

このハリスツイード、リネンのスーツってどちらもなかなか無いんですよ。なので作るしかなかった。

 

作った感想はどうだったのか?

良かったです。満足してます。

でも100点でもなかった。

これはもう正直な気持ちで点数にすると85点~90点くらいかな。

いずれスーツは紹介しますが※、こういう人多いんじゃないかな?もっと回数をこなせば100点のスーツを作れるようになるのかもしれませんが難しいんです。

※麻布テーラーで仕立てたスーツの記事はこちら。

麻布テーラーでオーダーしたハリスツイードのスーツをご紹介! - 1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

麻布テーラーでオーダーしたリネン100%のスーツを紹介します! - 1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

麻布テーラーで仕立てた礼服「AZABU BLACKS」の着こなし編。 - 1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

 

オーダーのここが難しい!

生地見本から生地を選ぶんですが、生地が小さいため仕上がった時とイメージにギャップが生まれることがあるんです。この「小さい生地から全体をイメージする」が結構難しい。無地とかならわかりやすいと思いきや、生地の濃淡って全体になると結構変わるんですよ。

次にボタンです。ボタンは単体で見ると良い感じでもスーツとして仕上がってくると生地に負けてショボく見えるなんてことがあります。お高くなりますが水牛とか選んでおけばだいたい間違いはないです。

最後に裏地と表地の相性。当然最初に表地を選びますが、後から裏地を選ぶのがかなり難しい。裏地だけで見るとほとんどが派手に見える。表地の全体像をイメージするのも難しいのに裏地との相性とか考えるのはホント難しい。無難なのを選んでおけばだいたい間違いないんですけどね。

 

こんなところですかね。斉藤さん。が仕立てたのはかなり高額だったこともあって期待が高すぎたのか100点には届きませんでしたが、安めの生地で慣れるまで仕立てていけばいずれ100点のスーツを仕立てることも出来ると思います。

正直なところ仕立てるのはすげー楽しいし、待ってる時のワクワク感も良いんですよね。なのでホントにおススメです。あっ初めは安めの生地がいいと思いますよ(笑)

 

如何だったでしょうか?興味がある方の参考になれば幸いです。

 

初心者向けにおすすめは?(2019/7/25追記)

多くの方に読んでいただいている記事で、やはりオーダースーツを作ってみたいという方が増えているようですね。そんなオーダースーツ初心者向けに追記をしましたので、是非参考にしてみてください。

おすすめのモデルは?

麻布テーラーではスーツのモデルが3つあります。パッと見どれも同じに見えるかもしれませんが、結構違うので好みのモデルを選びましょう。

個人的には肩が「いかり肩」と呼ばれる方には肩パッドのしっかり入ったClassico Italia、Continentalがおすすめです。

ウエストラインの高さ、絞り方の違いは完全に趣味で大丈夫かと思いますが、襟の幅については顔が大きいと感じている方は広めの幅がおすすめ(9.5㎝、10㎝)。

 

おすすめの生地は?

麻布テーラーでは40,000円からスーツを仕立てることができますが、その金額では生地があまり選べないことになります。初心者であれば割り切って最低金額でオーダーするのも1つの手ですが、もうちょっと良い生地でと思ってしまうもの。

初心者におすすめは無地のグレー(ネイビー)、そして天然繊維100%(秋冬ならウール、春夏ならコットン)のもの。そして価格がなるべく安い生地を選びましょう。

グレーと言ってもいろいろありますが、チャコールグレーでもライトグレーでも構いません。どちらも使い勝手は抜群にいいです。ネイビーを選ぶのであればあまり明るくない色合いのものがおすすめです。

おすすめのオプションは?

天然繊維100%をせっかく選んだのであれば、ボタンは水牛がおすすめですがお値段が3,500円ほどアップします。

あとはやはり本切羽(袖口本開き)がオーダー感があっておすすめですね。袖口のボタンを1つだけ外すなんて着こなしも出来ますし。お値段は3,000円ほど。

オプションは趣味なのでやらなくてもいいですが、せっかくオーダーするのであればこだわりポイントを1つ入れておくと、長く愛着を持って着ていくことができると思います。

 

その他の麻布テーラー記事はコチラ。

興味がある方は是非ご覧ください。

www.1978.tokyo

www.1978.tokyo

www.1978.tokyo