1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

アラフォーのオッサンが自分のスタイルを探し続けるブログ。

スーツ好きがRING JACKET(リングヂャケット)の魅力を徹底解説!

f:id:magic_0147:20190320184614j:plain

今回はリングヂャケットの魅力について解説したいと思います。海外、国内といろいろなスーツを着てきましたが「リングヂャケット」は頭一つ抜けて良いと思います。スーツをお探しの方は是非ご覧ください。

 

 

f:id:magic_0147:20171110155217j:plain

 

リングヂャケットに出会ったのは2017年のこと。

映画『キングスマン』を観てもっと良いスーツ、美しいスーツがあるのではないか、ということでいろいろ試着巡りをしたんです。

そこで感動したのがリングヂャケットの206ラインだったんです。とはいえ当時の感覚では大幅に予算オーバー。

当時所有しているスーツで一番高額だったものが18万円程度で、リングヂャケット206は20万円とかするわけです。それはそう簡単に手が出ません。

それが今では206ラインだけでスーツ3着、ジャケット2着と増え続けています。

 

何故か?

 

今回はリングヂャケット魅力について語っていきたいと思います。

 

魅力① ずば抜けた着心地。

f:id:magic_0147:20200201214456j:plain

 

リングヂャケットの最高峰206ライン。

服を着て感動したのはリングヂャケット206が初めてです。着た瞬間にわかる吸い付くような着心地は今までにない感覚でした。

 

でも実は206ラインでなくとも素晴らしい着心地なんです。

マイスターラインという手縫いのラインはもちろん、通常のラインでも「さすが」と唸るような着心地だったりします。

真面目な話し、パターンオーダーで仕立てるよりもおすすめだったりします。

 

日本人の体に合わせた仕立ても素晴らしいですが、購入者の体形にアジャストさせるお直しが特に素晴らしい。

リングヂャケットでオーダーをしたこともありますが、実は既製品をお直しして着るというのでも十分なんですよね。

それくらい良く出来たスーツだと思います。

 

魅力② 仕立ての良さ。

f:id:magic_0147:20190407000522j:plain

 

日本人って結構スペックオタクみたいなところがありますよね。

個人的にはあまりそういうのは好きじゃないのですが、そういう意味でもリングヂャケットって凄いんですよ。

 

通常のラインでもイセ込み量は凄いですし、目に見えない副資材の毛芯だって接着芯じゃないんです。昔店員さんに「良いけどちょっと高いよね」と言ったことがあるんですが、そのときに「うちのスーツはどこのブランドと比べても良心的だと断言でします」と言われました。

 

メイドインジャパンのプライドというか、手抜きをしない日本人の職人気質というものを感じさせますよね。

 

206ラインに至っては変態的なこだわりで、「かぶせ襟」というゴージラインが分かりにくいような仕立てをしたり、アイロンワークで生地を曲げて首に吸い付くような襟を実現しています。

 

魅力③ 独特のシルエット。

https://www.instagram.com/p/CC_CiWhjEQR/

#mensfashion #mensstyle #menslook #menswear #classicstyle #style #outfit #ootdmen #coordinate #instafashion #自撮り #ファッション #メンズファッション #今日のコーデ #ringjacket

 

リングヂャケットのジャケットはわかる人にはすぐわかります。

パターンオーダーや日本のブランドって小器用な反面、特徴があまりないんですよね。ナポリ風、英国風といった感じで何でも出来ますみたいな。でも結局のところ店として提案したいジャケットのシルエットってなんなの?ってなります。

これって小器用な日本独自の問題なんですよね。海外ブランドって「うちのジャケットのシルエットはこう」ってちゃんとあるんですよね。

 

リングヂャケットは「リングヂャケットの顔つきはこうなんです」というのが確立しているので、好き嫌いがはっきり分かれると思うんですよ。

でも本来そういうものだと思いますし、ちゃんと独自のシルエットを確立しているのは個人的に好印象です。

 

魅力④ 生地のセンス。

f:id:magic_0147:20181006191709j:plain

 

イタリアや英国の生地が主流ですが、オリジナルの生地もあって独自の世界観を演出していると思います。イタリア生地の艶っぽいスーツの横に英国生地のしっかりしたジャケットがある。

リングヂャケットの生地選びって無難な無地って少ないんですよね。生地1つ見てもブランドの主張みたいなものがあって楽しいです。

 

オーダーフェアに行ったことがある方ならわかると思いますが、限定のバンチブックもリングヂャケットならではの特色があって面白い。

生地選びにリングヂャケットとしての提案があるんですよ。これはトレンドだからということではなくてブランドのおすすめみたいな部分。もちろんトレンドも抑えているんですが、それだけで終わらない面白さがあるんです。

 

まとめ。

いかがだったでしょうか。

今回は大好きなブランドである「リングヂャケット」の魅力について語ってみました。

とにかくこだわりが強いメイドインジャパンのジャケットですので、興味を持たれた方は試着だけでもしてはいかがでしょうか。

 

やっぱり日本人の体形に合わせて仕立てているって大きい。海外ブランドのインポートだと欧米人向けに仕立てているので合わないんですよ。

もちろん中には合う方もいるかと思いますが、日本人の多くは前肩なので難しい方の方が多いかと思います。

 

リングヂャケットは日本が世界に誇るブランドだと思いますので、是非一度袖を通してみてはいかがでしょうか。

 

今回は以上です。ありがとうございました。