最上級のネクタイ!Angelo Fusco (アンジェロ・フスコ)レビュー。


スポンサーリンク

f:id:magic_0147:20170820230644j:plain

アンジェロ・フスコって聞いたことありますか?

先日、誕生日を迎えて40まで残り1年となりました。その際の誕生日プレゼントとして貰ったのがアンジェロ・フスコのネクタイです。

そんなわけで今回はアンジェロ・フスコのネクタイをご紹介します。

 

 

Angelo Fusco (アンジェロ・フスコ)って?

形成外科医だったアンジェロ・フスコが趣味で始めたブランドで、自分の理想のネクタイを作っていたら大人気となってしまい、気が付いたら世界最高と言われるようになってしまった、というブランドです。

2000年にお店を構えて、その翌年にあった2001年のG8で各国首脳への贈り物として選ばれています。

縫製は全て手縫いで柄はプリントはせずに全てジャガード織りと、アンジェロ・フスコ氏のこだわりが詰まったネクタイです。当然生地にも非常にこだわっていて、一流の生地で一流のネクタイを作ることでブランドとしての地位を確立しました。

Marinella (マリネッラ)や、TIE YOUR TIE (タイユアタイ)ほどの知名度は日本ではありませんが、現在世界最高とも言われているブランドです。

 

誕生日にもらったネクタイはこれだ!

f:id:magic_0147:20170820230633j:plain

 

ちょっと黒っぽく見えますが、ネイビーの小紋柄です。

実は誕生日は何が欲しいのか聞かれたので以下の条件を出していたんですよね。

  • セッテピエゲのネクタイ
  • 色はネイビー
  • 柄は小紋柄か無地

嫁さんは非常に悩んだそうです。

斉藤さん。がクソ面倒くさい旦那なので満足させる逸品を探しに探したそうです。ついてになんとか鼻を明かしてやろうとかなんとか。

その結果がアンジェロ・フスコになったというわけですね。

いやー、ビックリです。

ちなみに斉藤さん。は実はアンジェロ・フスコを知りませんでした。マリネッラやタイユアタイは当然知ってましたが、アンジェロ・フスコは知らなかった。

見事に鼻を明かされました。

 

そもそもセッテピエゲって何よ?

説明が遅れましたがセッテピエゲというのは「7つ折」という意味で、大剣後ろ側を7つ織りにする製法です。通常のネクタイに比べて2倍以上のシルクが必要になるので高額になりがちです。

ただ高額なだけかというとそんなことはなく、締め心地や締めた後のふんわりとした雰囲気が多くの人に愛されています。

こんな感じで折られています。

f:id:magic_0147:20170820230638j:plain

 
ちなみにアンジェロ・フスコにはディエチピエゲ(10折)、ドーディチピエゲ(12折)も作られていて値段も異なります。
セッテピエゲで4万円くらいするのでその上は...って感じです。
ちなみに斉藤さん。も他ブランドになりますがディエチピエゲは所有しています。今度そのブランドとネクタイを紹介しますね。そのブランドを知ってからはそこでしか買わなくなったってくらいお気に入りのブランドです。
アンジェロ・フスコと比較してみたいと思います。
 
以上、アンジェロ・フスコの簡単な紹介でした。今度実際にネクタイを締めたらまたレビューしますね!
 
如何だったでしょうか?興味がある方の参考になれば幸いです。
 

ANGELO FUSCO(アンジェロフスコ)ネイビー地ブルーピンドット柄セッテピエゲネクタイ5351G002-57幅9.0センチ

価格:42,120円
(2017/9/10 10:57時点)
感想(0件)

当店別注ドデイチピエゲ12折り剣裏無しANGELO FUSCO【アンジェロフスコ】ダークネイビー地朱赤Xシルバー丸小紋柄ネクタイ品番5851G110-57幅8.0センチ

価格:58,320円
(2017/9/10 10:57時点)
感想(0件)