1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

アラフォーのオッサンが自分のスタイルを探し続けるブログ。

LACOSTEのポロシャツL1212ってどうよ?

f:id:magic_0147:20170723174625j:plain

キングオブポロシャツことラコステ。ポロシャツといえばラコステ、世界一有名なポロシャツブランドでしょう。今回はそんなラコステでもベーシックなL1212を徹底レビューしますので是非ご覧ください。

 

 

f:id:magic_0147:20170723174619j:plain

 

夏の大人カジュアルの定番といえばポロシャツ。

近年ではクールビズでも着用されるようになり、カジュアルにとどまらない汎用性で人気を博しています。

そんなポロシャツで最も有名なのは「ラコステ」で間違いないでしょう。胸のワニはあまりにも有名です。

ラコステのポロシャツの魅力をご紹介しますのでどうぞご覧ください。

 

何故ラコステがキングオブポロシャツなのか?

『ポロシャツ=ラコステ』というくらいの知名度を誇り、小ざっぱりとしたお父さんが着ているイメージのラコステ。

中学生くらいのときはあのワニがダサく見えたものです(すいません)。当時は無知だったのでこんなに高いもの(約14,000円)だとは思ってもいませんでした。

 

以下はラコステのWEBページからの紹介です。

1933年に誕生し、全てのポロシャツの<原型>である『L.12.12』。当時のデザインや機能性を受け継いだ変わらぬスタイルは、色褪せぬ存在感を放ちます。単一の高級糸のみで編み上げた鹿の子は、贅沢な光沢と耐久性を持ち、まさに『ラコステ』のDNAを形にしたポロシャツです。 

 全てのポロシャツの原型を謳っていますね。

そしてL1212は当時からマイナーチェンジをしながら存在し続けているという、まさにトラッド、クラシックアイテムです。

 

そして斉藤さん。が購入を決めたのは「経年変化を楽しめる」というところ。ポロシャツなのに経年変化を楽しめると謳うって凄くないですか?「経年劣化」じゃないんですよ。

実際にラコステのポロシャツは耐久性も高く、ヴィンテージアイテムとして何十年も前のものが売られています。

これは一生愛せるアイテムなのではないでしょうか。

 

3年間愛用したラコステのポロシャツ。

f:id:magic_0147:20200719190927j:plain

 

ブラックのポロシャツ。

L1212というベーシックで最も人気のあるモデルです。

購入した際に冊子が入っていて以下の情報が記載されていました。

  • ポロシャツ1枚の重さ:230g
  • ワニのロゴの重さ:0.3g
  • ボタンに使われる真珠母の生産に必要な年数:10年
  • L1212のポロシャツ1枚に使用するヤーン糸:20km
  • ポロシャツ1枚の製作工程:16
縫製でも手作業による細かい工程があるようなことが書いてあります。
またラコステのポロシャツの特徴は発色の良さ。発色は素晴らしいですよね。カラバリも豊富で見ているだけでも楽しくなります。
 
生産国はいろいろありますが、フランス製等にこだわりはないので日本製のものを購入しました。
楽天などで海外製のものを安く買うことも出来るんですが、サイズに不安があって手が伸びません。
 

襟の雰囲気。

f:id:magic_0147:20200719191911j:plain

 
細くも太くもない、ポロシャツの襟として黄金比。
ボタンはプラスチックではなく貝ボタンです。
ポロシャツの襟といえば一時期立てていた人が多かったイメージ。あれはカッコ良くないのでやめましょう。
 

裾にはサイドスリット。

f:id:magic_0147:20200719193758j:plain

 
裾にはスリットがありますがかなり浅めです。
L1264というスリット無しのモデルもありますのでそこはお好みです。
 

ラコステはポロシャツの試着もできる。

ラコステでは試着して購入することが可能です。

ポロシャツの試着は結構意外ですよね。もちろんTシャツの上からの試着となりますので、ちゃんとTシャツを着ていきましょう。

 

サイズ2、3を試したんですがどっちも良い感じ‥店員さんに相談すると、2の方がシルエットがキレイで良いと言われて2を購入しました。2はちょっと肩が苦しい気もしたのですが、インナーのTシャツがちょっと厚みがあったせいでした。

 

ラコステL1212のサイズ感はコチラ。 

https://www.instagram.com/p/B1iCsuLAW-Z/

なんか8月が終わるこの時期は何もないのに焦る。#mensfashion #mensstyle #menslook #outfit #ootdmen #coordinate #自撮り #ファッション #メンズファッション #今日のコーデ #lacoste🐊

 

斉藤さん。は175cm、63kgで、サイズ2を着用しています。

肩幅が結構ある方なんですが肩回りが苦しいことなありません。これは非常に重要で、場合によってはTシャツですら肩回りが苦しいことがあるので嬉しい。

 

着心地はとても良いですね。

肌触りもよく、汗も吸ってくれるし通気性もいい。文句ないです。

 

ブルックスブラザーズと比べるシルエットは細身です。

ここは好みですね。

 

ラコステのポロシャツは世界一! 

f:id:magic_0147:20200719201435j:plain

 

ラコステ、ラルフローレン、ブルックスブラザーズ‥いろいろと着てきましたが、一番良いポロシャツは?と聞かれたら迷わず『ラコステ』と即答します。

 

確かにお値段は約14,000円と高く、セールにもならないのでコストパフォーマンスが良いとはいえません。
コスパではブルックスブラザーズに劣りますが、ヴィンテージと呼べるようになるまで着用できる耐久性は素晴らしいと思います。

 

何よりやはり永世定番のクラシックなポロシャツであるということ。

時代に洗われながら残り続けているというのは、デザイン、品質ともに優れていなければ出来ないことです。

世界一と呼んで差し支えないポロシャツだと思います。

 

ポロシャツの着こなしはコチラ。

https://www.instagram.com/p/CC0mng0Dz_F/

#mensfashion #mensstyle #menslook #menswear #classicstyle #style #outfit #ootdmen #coordinate #instafashion #自撮り #ファッション #メンズファッション #今日のコーデ #lacoste #ringjacket

 

ブラック×グレーのモノトーンコーデ。

普通にポロシャツ1枚にジーンズみたなコーデもいいのですが、スーツやジャケットに合わせるのも好きです。

ただブラックのポロシャツは、明るめのスーツやジャケットと合わせるにはコントラストが強すぎるんですよね。

ブラックとネイビーは相性が悪いし、ブラウンとの相性もあまり良くないのでグレーと合わせるモノトーンがおすすめです。

 

合わせて読みたい。 

ラコステのポロシャツは、長袖のL1312というモデルもあってそちらもおすすめです。暑い時期に腕まくりしながら着る長袖のポロシャツもカッコいいんです。

LACOSTE(ラコステ)のロングポロシャツL1312ってどうよ? - 1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

 

ブルックスブラザーズとラコステの比較記事もありますので是非ご覧ください。

ブルックスブラザーズvsラコステ世界一のポロシャツはコレだ! - 1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

 

まとめ。

いかがだったでしょうか。

リライトというか全面的な書き直しを行いました。

ラコステのポロシャツは現在は3年ほど愛用しましたが、まだまだ現役というかほとんど傷んでいない状態です。

自前でヴィンテージと呼べるようになるまで育ててみたいと思います。

 

毎年のように買い足しを検討しつつも買えてません。

昨年は長袖のL1312を購入したということもありますが、欲しいカラーが多すぎて悩んでいます。やっぱりグレーかネイビーかなと思いつつ悩む。

 

もしラコステを検討しているのであれば『L.12.12』をおすすめします。

長い年月、世界中で愛されている理由を是非感じてみて下さい。

 

今回は以上です。ありがとうございました。