1978 -アラフォーからの一生モノ探しー

アラフォーのオッサンが自分のスタイルを探し続けるブログ。

コットン100%のノンアイロンシャツをSOLVEでオーダー!【PR】

f:id:magic_0147:20190421202617j:plain

今回はシャツをオーダーしたので「オーダー編」をご紹介。コットン100%のノンアイロンシャツが好き。便利なので。しかもそれがオーダーとなれば‥ちょっと気になりますよね。是非ご覧ください。

 

f:id:magic_0147:20220325165403j:plain

 

当ブログのPR記事に嘘偽り、忖度なし。

これは絶対です。

 

今回はSOLVE(ソルブ)さんからお話しをいただき、シャツをレビューさせていただくことになりました。

もちろん上記の通り「忖度とかは出来ません」というのはお伝えしています。

それでも問題ないと仰っていただいたので全力でレビューをさせていただきます。

 

今回は上の画像の通り「綿100%の超ノンアイロン」シャツをオーダーしました。

ご覧ください。

 

 

Webからノンアイロンシャツをオーダーしてみた!

f:id:magic_0147:20220325170019j:plain

注文手順は上記の画像の通り。

問題となる採寸は次項でご紹介しますが、それ以外は流れでオーダーすることが可能となっています。

 

f:id:magic_0147:20220325170726j:plain

 

上記画像で重要なポイントは「カスタマイズ無料」というところ。

これは嬉しい。クレリックにしても無料、生地のグレードにもよりますが貝ボタンにしても無料です。そのため最初に生地を選んだ時点でお値段が決まります。

わかりやすい。

 

オーダーの流れを見てみよう。

f:id:magic_0147:20220325170927j:plain

 

選んだ生地は上のグレーストライプの生地

我儘を言ってワンランク良い生地を選ばせていただきました。白無地とかサックスブルーの生地であれば6,000円台でオーダーすることが可能です。

長袖と半袖がオーダー出来るようですが当然「長袖」を選択。

 

f:id:magic_0147:20220325171229j:plain

 

シャツのイメージが中央にあるのでわかりやすいですよね。

デザインを選んでから右下にある「サイズ入力へ進む」を押下しますが、まずは斉藤さん。が選んだデザインをご覧ください。

 

f:id:magic_0147:20220325171633j:plain

 

襟の種類が本当に豊富。

レギュラーカラーでも「ショート」や「ミドル」があります。

斉藤さん。が選んだのは通常の「レギュラー」です。

 

f:id:magic_0147:20220325171742j:plain

 

続いてカフスですが、ラウンドからダブルカフスまでの5種類あります。

ここでは「ダブルカフス」をチョイス。

 

f:id:magic_0147:20220325171839j:plain

 

続いてクレリックのありなし。

今回は「あり」を選ばせていただきました。

 

ここが今回のオーダーのポイントになります。

当ブログを昔からご覧の方ならご存じのかもしれませんが、斉藤さん。が好きなシャツの仕様に「クレリック+ストライプ+ダブルカフス」というものがあります。

特にクレリックが好きなのですが、今回は本当に久しぶりにフルセット。

これぞオーダーの醍醐味ですよね。

 

f:id:magic_0147:20220325172407j:plain

 

ポケットは当然「なし」を選択。

 

f:id:magic_0147:20220325172349j:plain

 

前立てはどちらでも良かったのですが「裏前立て」を選択。

 

f:id:magic_0147:20220325172608j:plain

 

ダーツやタックはなし。

後身頃には以下のような注意書きがありました。

形態安定性が強い生地なので後身頃は「ダーツ・タックなし」をおすすめします。

 

f:id:magic_0147:20220325172731j:plain

f:id:magic_0147:20220325172742j:plain

f:id:magic_0147:20220325172751j:plain

 

ボタンは「高瀬貝 白」を選択。

白蝶貝とか高瀬貝が無料というのは嬉しいところです。

ボタンホールの糸、ボタン糸はどちらも無難なものを選びました。

 

ボタンホールやボタン糸で遊ぶ方もいるかもしれませんがあまりおススメはしません。これは体験談です。

安価なシャツにボタンホールやボタン糸に黒を使うようなものが多く、なんとなく安っぽくなってしまうんですよね。

 

f:id:magic_0147:20220325173205j:plain

 

最後の刺繍は「なし」です。

「サイズ入力へ進む」ボタンを押下してデザイン選択は完了。

デザインは後から変更も可能です。

 

サイズを入力してオーダー完了。

f:id:magic_0147:20220325173237j:plain

 

最初に「首まわり」と「ゆき丈」を入力します。

 

f:id:magic_0147:20220325173516j:plain

 

続いて超スリム~ゆったりまでの4型から選びます。

今回は「ふつう」を選びました。

 

f:id:magic_0147:20220325173557j:plain

 

そうしますとデフォルトの数値が入った状態で画面が表示されますので、あとは自分好みにカスタマイズするだけ。

問題はカスタマイズなのですが、これは次項の採寸サービスをご覧ください。

 

斉藤さん。の場合はリングヂャケットナポリのシャツを送って採寸していただき、それをもとに上のデータを入力しました。

不安なのは肩幅で「‐1.0㎝」しているんですよね。今回はとりあえず採寸していただいた情報を信じてみました。

 

採寸のやり方はコチラ。

f:id:magic_0147:20220325173859j:plain



採寸方法は以下の3種類。

  • 自分で採寸
  • 送って採寸
  • 来店して採寸

自分のサイズを知っている人は問題ありませんが、そうでない方は上記のいずれかで採寸をする必要があります。

 

斉藤さん。は「送って採寸」でリングヂャケットナポリのシャツを送りました。

ただネックになるのが自分で梱包して宅配便で送る必要があるということ。

シャツを梱包するのに必要なダンボールとか持ってる人は少ないと思いますし、高額なシャツの場合は宅配業者の扱いとかちょっと恐いですよね。

 

こちらについては申し入れを行ったところ、いずれ改善していただけるとのことでした。期待して待ちましょう。

 

おすすめの生地はコチラ。

f:id:magic_0147:20220325174508j:plain

https://shop.solve-grp.com/store/g/gcloth14

 

白無地の生地もいいのですが、特に良いなと思ったのがこちらのサックスブルーの生地。色味が素晴らしい。

サックスブルーと一口に言っても色のトーンがかなり違うんですよ。

濃いめのサックスブルーはよく見かけるのですが、これくらい淡いサックスブルーの生地って意外と見つからないんですよね。

今回斉藤さん。がオーダーした生地を除けばこれが一押しです。

 

まとめ。

いかがだったでしょうか。

今回はSOLVE(ソルブ)でコットン100%のノンアイロンシャツをオーダーしてみました。

次回は届いてからレビューをしたいと思います。サイズ感とか着心地とか。

そちらも忖度なしですので是非ご覧ください。

 

あとはノンアイロン性能も気になりますよね。

そちらも実際に洗う前と洗った後で比較しますのでお楽しみ。

 

どんなシャツが出来上がってくるのか本当に楽しみです。

グレーストライプのシャツは持っていないので合わせるネクタイとか、スーツを考えるだけでも楽しいですね。

 

今回は以上です。ありがとうございました。